キャッシングの審査に通らない人について

基本的にキャッシングは20歳以上で安定した収入のある人であれば利用することができます。キャッシングを利用する際は申し込み後に審査があり、通らないと融資を受けることができません。公表はされていませんがどこの金融機関でも独自の審査基準があります。しかし無職の場合や今後も安定した収入が見込めない人は審査に通る可能性は低いです。
その他にも過去数年間に金融事故があった人も審査に通りにくいです。金融事故とは債務の返済に大幅に遅れた場合、短い期間にいくつものキャッシングに申し込んで全て断られた場合、個人再生や自己破産や任意整理などの債務整理を行った場合などが当てはまり、案件に応じて5〜10年の間はキャッシングの申し込みやクレジットカードを作ることは難しくなります。これらの情報は信用情報機関に登録され、どこの金融機関であってもこの情報が参照できます。これをブラックリストと言います。
その他にも転職が多い場合、現在の住居が賃貸住宅であったり引っ越しの回数が多い場合、住居に固定電話の回線がない場合も審査に通らない可能性があります。
キャッシングに申し込む時には1か月に数社も申し込むとその人はお金に余程困っているんだとみなされてしまうため、多くても1か月に2社までにしましょう。
どのような人であっても生活費や家族の急病、自分へのお小遣いで急な出費が必要になる場合があります。キャッシングを利用する時は計画をたてて返済できるようにしましょう。